物好き流メギド72

スマホゲーム【メギド72】の攻略・雑記・備忘録ブログ。☆6メギドの画像やシナリオのネタバレに配慮していません。ご注意ください

【周回】ファロオースEX・マモン秘奥義バレットアーツ(2~3ターン)

被ダメージを75%もカットするファロオースのHPを最大6230の固定ダメージ付き連続攻撃で削り切るマモン軸バレットアーツ。
ナベリウスの匣拡張とメトリック霊宝(霹靂の大盾)3個が必要になることが難点だが動かしていて楽しい編成。

【目次】

 

編成紹介

概要

加算される3種類の固定ダメージ*1を極限まで盛ったマモンの23回攻撃による2ターン討伐を目指す編成。強化解除に弱いのは明確な欠点だがハマるとクセになる。

原案は有志wikiの編成報告欄に投稿された編成(→コメント/編成報告/ファロオース討伐 - メギド72攻略wiki【2021-06-09 (水) 08:34:45】)。
原案はボーパルバニーで確実にマモンと両端2名のゲージを+1できるのがポイント。2ターン目にチャージフォトンが取れないと成立しなくなる点が気になって水獣ソーサラーに差し替えた。

霊宝

 ※必須は太字

  • アンドラス:霹靂の大盾×1、ハートブローチ×2、雨乞いの願糸×1
  • マモン:レディアントパール×4
  • ナベリウス:霹靂の大盾×2、ハートブローチ×2

素早さが高い順にマモン>アンドラス>ナベリウスとなるように調整。
マモンの霊宝がエベーヌフェイス系ではなくレディアントパール×4なのは素早さの底上げ*2と、理想のフォトン配分ができなかった場合のダメージ不足を少しでも補うため。

攻撃力上昇霊宝を積んだ時などと比較してどちらがよりダメージ効率が良いのかは未計算だが、とにかくダメージ軽減の値が大きい相手なので固定ダメージの方が良いということで一応結論付けている。

戦闘の流れ

  • 1ターン目
  1. バレットアーツ展開
  2. マモンにチャージ強化
  3. ゲージ溜め:アンドラス1~2/フォカロルR+1/マモン+2
  • 2ターン目
  1. マモン秘奥義(バエルの水獣ソーサラー
  2. (1巡目)オーブ使用:バエル・マモン・ナベリウス
  3. (2巡目)フォカロルR奥義・アンドラス奥義

具体例

1ターン目
  • フォカロルR:スキル→ゲージ+1
  • バエル:マモンにスキル
  • アンドラス:ゲージ+2(最低でも+1)
  • マモン:覚醒(優先度:スキルアタックチャージ

必須フォトンアタック1/スキル2/チャージ1。アタック1はチャージ1で代用可能。
理想はアタック1/スキル3/チャージ1だが無理はしない。バレットが1発以上ある時のマモンは実質全てのフォトンでゲージ+1できるので気楽。
最大ダメージを出すためには1ターン目でバレット0にする必要があるので、マモンはなるべくスキル(次点でアタック)を取るようにしたい。
チャージを取った場合はダメージ不足で3ターン目突入が確定する。

理想的なフォトンが回ってきたケース。スキル3個取得は厳しいので最低限バレットアーツとチャージ強化ができればOK。
2ターン目
  • フォカロル:覚醒→追加アタックで奥義(1T目チャージならオーブ→奥義)
  • アンドラス:覚醒→追加アタックで奥義
  • バエル、ナベリウス:オーブ
  • マモン:オーブ→秘奥義

必須フォトンは覚醒用のアタックまたはチャージ1~2。
1巡目に強化効果付与+ミミック、2順目にアンドラス・フォカロルR奥義でフォトン追加。フォカロルRが1ターン目で覚醒した場合はオーブ使用で行動順をずらす。
ファロオース奥義の強化解除が大敵なので優先的にチャージやアタックを押さえたい。

1ターン目にマモンがスキル(+追加アタック)を取って覚醒できていれば高確率で2ターン撃破可能。
前述の通りチャージを取った場合は確定でダメージ不足となるが、アタックだった場合は霊宝で固定ダメージを盛っている分2ターン以内に撃破できる可能性が残る。最後まで諦めずにフォトンドリヴンしていきたい。

全ての固定ダメージが乗ると一発+6230。固定ダメージだけで24920(スキルのみ)は圧巻。

 

*1:チャージ強化マモン秘奥義+フォカロルR奥義の固定ダメージバレット+レディアントパール4個

*2:上述の行動順をエベーヌフェイス系なしでやろうとするとギリギリになる