物好き流メギド72

スマホゲーム【メギド72】の攻略・雑記・備忘録ブログ。☆6メギドの画像やシナリオのネタバレに配慮していません。ご注意ください

『彼の者、東方より来たり』SPステージ「粋錬洞」攻略

満を持して始まった長期シリーズイベント「東方編」第1弾のSPステージ。
意欲的なギミックが登場しており今後のイベントやメインクエストでの展開にも期待が持てる。

【目次】

 

SP-1「特務・一気呵成」

ステージ効果により全ての状態異常・弱体効果・特殊状態・トランスが使用不可。
ゲストのチユエンは☆3/Lv.40でオーブ固定、自由枠のユニットにレベル・進化度制限やオーブ制限はなし。

自前のアタッカーを入れても良いがせっかくなのでゲスト加入のチユエンに攻撃を任せた。
ボスは独特の特効特性を持っている上に攻撃を受けた回数(最大20回)によって強化されるスキルが主力なので、イベント効果の攻撃力上昇を十分に上げていないと倒し切れずに手痛いダメージを受ける可能性も。

SP-2「特務・枯木竜吟」

  • ブニ(モグラ・マグラ)
  • 【編成不可】
  • ブネ(成り損ない)★専用霊宝
  • 【編成不可】
  • シトリーR(エクスプローラー)★専用霊宝

☆4/Lv.50制限、通常霊宝なし・専用霊宝あり*1
対策がない限り全滅必至の奥義や厄介な覚醒スキルを撃たせないように、覚醒減少を交えながら攻撃していく。

SP-3「特務・海納百川」

  • ブニ(ホーリーフェイク)
  • ジニマル(ブルーツリー)★専用霊宝
  • シャックス(ランブルバイパー)★専用霊宝
  • ブネ(リリィキャット)★専用霊宝
  • プルフラス(カンセカスタムLv.7)★専用霊宝

下記で解説するボスの自滅ギミックを利用した配布メギド編成。
全ての状態異常に対応できるように準備してあるが、ざっくりした優先順位は感電>毒・病気>呪い。呪いは早い段階で付与してしまうとボス奥義発動の妨げになるので後回しにするのがおすすめ。
細かい動きはフォトン運次第(特にボス奥義のタイミング)で調節し、邪魔な取り巻きは剛剣ブネスキルや点穴で確実に葬りボスの状態異常を蓄積していく。

イベント効果は「攻撃力上昇Lv.0/素早さLv20」。ダメージ付きの状態異常技で取り巻きを倒してしまわないために攻撃力のレベルを上げないようにする。
素早さはブネがボスより先に行動できるようになりさえすればOK。

ボス解説

ボスは高いHP・防御力とダメージ軽減率を持つ代わりに状態異常3種類を受けるとターン終了時に自身を含めた味方全体を即死させる特性を持つ。
各種耐性が高いらしくボスに状態異常を直接付与することはできないが、4種類の取り巻き(イカ)は名前についている状態異常が高確率*2で有効。
ボスの奥義(デスギフト付与+戦闘不能*3)によって「戦闘不能時に付与されていた状態異常を永続でボスに付与」することができる。

病気・呪い・感電を付与→ターン終了時に全体即死発動。

今ステージでは『メギド72』史上初のギミック「増援」が発動する。
戦闘開始時はボスと後列イカだけが出現した状態だが、3ターン目の冒頭(≒2ターン目のターン終了時)に前列イカが出現する。
以降は特定のターン経過時にイカが戦闘不能となっていた場合、同様の能力を持った個体が該当ターンの冒頭に出現するようになる。

増援の出現ターンを踏まえてなるべく状態異常になったイカが1体だけの時にボス奥義を使わせるのが理想的。
イカは特性で「付与された状態異常の持続ターン+1」されているので、ある程度ターンに余裕ができやすい。

前列イカは戦闘開始から2ターン後=3ターン目冒頭に出現。
これを倒すと次は5ターン目冒頭に増援が出現する。

ボスデータ

SP-1 堅牢砲将

SP-2 藩主吾妻

SP-3 ダーバイシャーク&病気イカ&毒イカ&感電イカ&呪イカ

取り巻き(イカ)がスキルフォトンを優先して取って行く傾向がある。
ボスはあまり積極的にフォトンを取らないので、なるべくイカのスキルを使わせて覚醒ゲージを溜めさせたい。

イカ特性を利用してボス特性の条件を満たし即死させる」のが正攻法と思われるが、ボスには地形が有効(イカは飛行特性で無効)なので狂炎で攻めるのもあり。
最大HPが72万と高い分ダメージソースが狂炎だけだと長期戦になりやすく、できれば毒イカを利用して毒を付与したいところ。
奥義を使うごとに永続上昇するボスの攻撃力や滞水+イカ奥義にも注意。

 

*1:あらかじめ専用霊宝を装備していなかった場合はどうなるか不明

*2:カンセカスタムLv.7の感電46%が3回中3回成功

*3:HP100%分のダメージを受ける